植物をメインに扱っています!

東山の植生 Part2(2021年5月3日)

調査地 

御蔭通りと大文字山

植生 

ハリエンジュ(ニセアカシア

マメ科ハリエンジュ属

羽状複葉で小葉の先が凹む

基部の枝に一対の刺がある

樹皮は縦にやや深く裂ける

f:id:YamaTarou:20210503170247j:plain
f:id:YamaTarou:20210503170250j:plain

イヌエンジュ

マメ科イヌエンジュ属

羽状複葉で、向かい合う葉は時にずれてつく

丸みを帯びており、小葉の先はやや鈍い

樹皮はひし形の皮目がある

葉裏に伏毛が多い

f:id:YamaTarou:20210503170503j:plain
f:id:YamaTarou:20210503170509j:plain

コアカソ

イラクサ科ヤブマオ属

鋸歯は三角形状で大きく、そこまで多くない

葉先がよく伸び、葉柄は赤みを帯びて長い

f:id:YamaTarou:20210503170256j:plain
f:id:YamaTarou:20210503170306j:plain

ガマズミ

ガマズミ科ガマズミ属

葉は対生し、波状の鈍い鋸歯がある

葉や枝にざらつく短毛が多い

葉裏の基部付近の多数の蜜腺がある

f:id:YamaTarou:20210503170321j:plain
f:id:YamaTarou:20210503170327j:plain

コバノガマズミ

ガマズミ科ガマズミ属

ガマズミに似るが、ガマズミはほぼ円形であるのに対してコバノガマズミは小形で先端が尖る

f:id:YamaTarou:20210503170332j:plain
f:id:YamaTarou:20210503170340j:plain

シキミ

マツブサ科シキミ属

葉は互生し、のっぺりとした感じ

枝先に集まってつき、葉の両面で側脈があまり見えない

最大の特徴は葉をちぎると甘い芳香がある

アカガシも全縁で枝先に集まり、葉柄が長い点でシキミと似ているがアカガシは葉の裏が緑色で葉脈がしっかり見えている点でシキミと見分けがつく。樹皮も鱗状に剥がれて橙色を帯びる点で灰白色で縦筋があるシキミと異なる。

f:id:YamaTarou:20210503170351j:plain
f:id:YamaTarou:20210503170357j:plain

クロモジ

クスノキ科クロモジ属

楕円形の葉が互生し、枝先に集まってつく

枝葉をちぎると芳香がある

枝は緑色で古い枝ほど黒い汚れのような模様が入る

f:id:YamaTarou:20210503170409j:plain
f:id:YamaTarou:20210503170417j:plain

タカノツメ

ウコギ科タカノツメ属

葉は三出複葉で基部は左右非対称

ちぎるとウコギ科特有の芳香がある

f:id:YamaTarou:20210503170423j:plain
f:id:YamaTarou:20210503170433j:plain

リョウブ

リョウブ科リョウブ属

葉は互生し葉柄や主脈がしばしば赤みを帯びる

鹿の角上に仮軸分枝する枝ぶりや、鱗増に剥がれ、褐色や橙色、灰白色などの斑ができる樹皮で見分けられる

一列目の右がムクロジに似ているがムクロジは羽状複葉で樹皮は灰褐色で粗くはがれる

また、ムクロジは全縁

f:id:YamaTarou:20210503170440j:plain
f:id:YamaTarou:20210503170446j:plain
f:id:YamaTarou:20210503170452j:plain
f:id:YamaTarou:20210503170457j:plain

ネジキ

ツツジ科ネジキ属

葉は互生し、不規則に波打つ

両面に伏毛が散在する

日向の冬芽や枝は赤く鮮やか

樹皮はねじれて縦に裂ける(右の写真ほど避けるとは思わなかった)

f:id:YamaTarou:20210503170311j:plain
f:id:YamaTarou:20210503170316j:plain

感想

ハリエンジュとイヌエンジュが一面コンクリートで囲まれて貧栄養であろうところに街路樹として植えられているのはともにマメ科根粒菌と共生することで貧栄養の環境にも適応できるからであろう。知らんけど。

京都大学北部構内の植生 Part1 (2021年4月30日)

調査地

京都大学北部構内にある農学部本館の庭

植生

スズカケノキ

スズカケノキスズカケノキ

葉は互生し、切れ込みが葉の半分以上ある

明瞭に5裂するが、時に7裂するときもある

写真にある若葉では見られないが、ふつうは粗い鋸歯がある

基部から出る3主脈がはっきり見える

樹皮は鱗状に剥がれ落ち、斑模様になる

f:id:YamaTarou:20210430162746j:plain
f:id:YamaTarou:20210430162751j:plain

アメリスズカケノキ

スズカケノキスズカケノキ

スズカケノキと比べて切れ込みがかなり浅い

樹皮は粗く剥がれ、褐色が中心

f:id:YamaTarou:20210430162806j:plain
f:id:YamaTarou:20210430162809j:plain

ユリノキ

モクレン科ユキノキ属

葉は偶数に裂け、葉先が凹む

樹皮は縦に溝状に裂ける

f:id:YamaTarou:20210430162754j:plain
f:id:YamaTarou:20210430162803j:plain

トウカエデ

ムクロジ科カエデ属

葉はきれいに3裂し、成木はほぼ全縁

著しく樹皮が特徴的

f:id:YamaTarou:20210430162814j:plain
f:id:YamaTarou:20210430162821j:plain

シャリンバイ

バラ科シャリンバイ属

葉は楕円形で鈍い鋸歯がある

また、葉は枝先に車輪状に集まってつき、葉裏の葉脈の網目が目立つ

モッコクと似るが、モッコクは全縁で葉裏に葉脈がほとんど見えない

また、モッコクの葉柄は赤みを帯びる

f:id:YamaTarou:20210430162825j:plain
f:id:YamaTarou:20210430162831j:plain

オオカナメモチ

葉はカナメモチより明らかに大きく、葉柄が長い

カナメモチより鋸歯は粗く、葉幅が広く、葉柄に鋸歯があることはない

切れ込みは変異?

f:id:YamaTarou:20210430162836j:plain
f:id:YamaTarou:20210430162840j:plain

 ウツギ

アジサイ科ウツギ属

葉は対生し、羽状複葉のように見える

葉の表に星状毛が密生し、ざらつく

鋸歯はこぶりで、鋸歯のあいだだに針状の突起

株立ち樹形で、樹皮は写真のようになる

f:id:YamaTarou:20210430162845j:plain
f:id:YamaTarou:20210430162850j:plain

トウネズミモチ

モクセイ科イボタノキ属

葉は対生し、ネズミモチに比べて一回り大きい

大型の葉で対生するものは珍しく、他にはロウバイなどがある

側脈が良き目立つのもネズミモチとの相違

写真右からも分かるように、若い枝は皮目がある

f:id:YamaTarou:20210430162902j:plain
f:id:YamaTarou:20210430162923j:plain

カツラ

カツラ科カツラ属

ハート形~円形の葉が対生する

樹皮は縦に裂けてやや剥がれる

f:id:YamaTarou:20210430162929j:plain
f:id:YamaTarou:20210430162933j:plain

モクセイ

モクセイ科モクセイ属

葉は楕円形で対生する

樹皮はひし形の皮目がある

変異が多く、花が橙黄色で芳香が強いものがキンモクセイ

f:id:YamaTarou:20210430162944j:plain
f:id:YamaTarou:20210430162951j:plain

トチノキ

ムクロジトチノキ

葉は大型の掌状複葉

鋸歯は単鋸歯で目立たず、やや波状

コシアブラと似るが、葉柄がない点で異なる

f:id:YamaTarou:20210430162959j:plain
f:id:YamaTarou:20210430163006j:plain

マテバシイ

ブナ科マテバシイ

葉は先寄りで幅広くなり、枝先に集まってつく

葉裏は金色を帯び、葉をちぎっても匂いがない

樹皮は灰白色で縦筋がある

マテバシイと似るタブノキは葉裏が白っぽく、枝先に芽がつく

また、タブノキクスノキのように葉をちぎると芳香がある

f:id:YamaTarou:20210430163012j:plain
f:id:YamaTarou:20210430163017j:plain

クチナシ

アカネ科クチナシ

葉は対生し、時に三輪生する

葉は大型で側脈間にふくらみがよく目立つ

向かい合う葉の托葉がつながっている

f:id:YamaTarou:20210430163022j:plain
f:id:YamaTarou:20210430163027j:plain

エノキ

アサ科エノキ属

葉は先半分に鋸歯がある

基部から長く伸びる三行脈が目立つ

樹皮は裂けない

f:id:YamaTarou:20210430163033j:plain
f:id:YamaTarou:20210430163037j:plain

感想

意外といろいろな樹種がみられて面白かった。

宇治川付近の植生 Part1 (2021年4月25日)

調査地

宇治川周辺と鴨川周辺

f:id:YamaTarou:20210425122848j:plain
f:id:YamaTarou:20210425122616j:plain

植生

カキノキ

カキノキ科カキノキ属

葉は互生し、葉表は光沢が強くしばしば少し反る

樹皮は網目状に裂ける

f:id:YamaTarou:20210425122854j:plain
f:id:YamaTarou:20210425122857j:plain

ハクモクレン

モクレンモクレン

葉先が特に幅広く丸くなる

葉先は顕著に短く突き出

花は重量感があり、大きい

樹皮は白っぽく平滑

f:id:YamaTarou:20210425122901j:plain
f:id:YamaTarou:20210425122905j:plain

ザクロ

ミソハギ科ザクロ属

葉は対生全縁で、細長く光沢が強い

短枝には束生することが多い

枝先はしばしば棘になる

樹皮は剥がれ、時にねじれる

f:id:YamaTarou:20210425122909j:plain
f:id:YamaTarou:20210425122913j:plain

ロウバイ

ロウバイロウバイ

葉は対生する、大型葉で対生するものはめずらしい

表面はよくざらつく

花は強い芳香があり、実は巾着袋のようなユニークな形

樹皮は灰褐色で皮目がある

f:id:YamaTarou:20210425122926j:plain
f:id:YamaTarou:20210425122932j:plain

クチナシ

アカネ科クチナシ

葉は対生、時に三輪生する

側脈がよく目立ち、側脈間の膨みがよく目立つものが多い

花は白色で香りが強い

f:id:YamaTarou:20210425122600j:plain
f:id:YamaTarou:20210425122605j:plain

サトザクラ

バラ科サクラ属

f:id:YamaTarou:20210425122552j:plain
f:id:YamaTarou:20210425122555j:plain

ピラカンサタチバナモドキ)

バラ科トキワサンザシ属

葉は互生で束生し、葉裏に白い綿毛が密生する

葉先は尖らず、基本全縁だが時に微細な鋸歯がある

ピラカンサとはトキワサンザシ属の総称であり、他にカザンデマリとトキワサンザシがある

カザンデマリは比較的細長く細かい鋸歯があり、トキワサンザシは比較的幅広く細かい鋸歯がある

f:id:YamaTarou:20210425122540j:plain
f:id:YamaTarou:20210425122547j:plain

サルスベリ

ミソハギサルスベリ

葉は互生するが、しばしば対生に見える

葉柄はほとんどなく、葉脈は湾曲して葉先に向かう

写真に写っているのは実で、昨年の11月頃に成ったものの残り

f:id:YamaTarou:20210426122602j:plain
f:id:YamaTarou:20210426122607j:plain

ハリエンジュ(別名:ニセアカシア

マメ科ハリエンジュ属

葉は互生し、葉先が凹む

基部の枝に胃痛委の棘があるのも特徴

花は房になりぶら下がる

樹皮は縦にやや深く裂ける

f:id:YamaTarou:20210425123743j:plain
f:id:YamaTarou:20210425123749j:plain

ヤマモモ

 ヤマモモ科ヤマモモ属

葉は互生で、枝先に集まってつく

樹皮は白っぽく、縦じまがある

f:id:YamaTarou:20210425123756j:plain
f:id:YamaTarou:20210425123803j:plain

タイサンボク

モクレンモクレン

葉は互生し、裏は毛が密生し、赤茶~金色に見える

日本で見られる木では最大級の花をつける

f:id:YamaTarou:20210425123810j:plain
f:id:YamaTarou:20210425123818j:plain


感想

東山の植生 Part1(2021年4月19日,26日)

調査地

大文字山・如意ヶ岳・比叡山縦走中に見つけた植物

銀閣寺から大文字山に入り、如意ヶ岳を踏んで、比叡平を通って比叡山に登り、修学院に下りた。

f:id:YamaTarou:20210420115527j:plain

YAMAPの記録

植生

ネズミモチ

モクセイ科イボタノキ属

葉は対生し、全縁

側脈がほとんど見えない

樹皮は灰白色で皮目がある

ツバキと似ているが、ツバキの葉には鋸歯があり樹皮は灰白色で平滑である

サカキとも似ているが、サカキの葉は互生する

f:id:YamaTarou:20210420115900j:plain
f:id:YamaTarou:20210420115905j:plain

ウツギ

アジサイ科ウツギ属

葉は対生し、かすかな波状の鋸歯があり、鋸歯の間から針状の突起がでる

葉表、葉柄などに星状毛があり、葉はざらつく

特徴的な実をつける

茎が中空であることから空木(ウツギ)と名がついた

f:id:YamaTarou:20210420115909j:plain
f:id:YamaTarou:20210420115915j:plain

コアカソ

イラクサ科ヤブマオ属

葉は対生し、ひし形で三角形の鋸歯が目立つ

葉柄が赤くなる

f:id:YamaTarou:20210420115918j:plain
f:id:YamaTarou:20210420115921j:plain

リョウブ

 リョウブ科リョウブ属

葉は互生し、枝先で集まってつく

鋸歯は細かい単鋸歯では全体にある

主脈が赤みを帯びることが多い

樹皮はうろこ状に剝がれ、褐色や淡い橙色、灰白色などの斑になる

f:id:YamaTarou:20210420115926j:plain
f:id:YamaTarou:20210420115932j:plain

ヒサカキ

サカキ科ヒサカキ

葉全体に細かい鋸歯があり、枝先に人の爪のような冬芽をつける

f:id:YamaTarou:20210420115947j:plain
f:id:YamaTarou:20210420115953j:plain

アラカシ

ブナ科コナラ属

葉は互生し、葉先半分に粗い鋸歯がある

若葉は赤みを帯びることもあれば、普通に緑色の時もある

f:id:YamaTarou:20210420120147j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120154j:plain

ネジキ

ツツジ科ネジキ属

葉は互生し、全縁で縁が不規則に波打つ

花は白くスズランに似る

f:id:YamaTarou:20210420120200j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120206j:plain

タカノツメ

ウコギ科タカノツメ属

葉は互生し、気づかないくらい小さな鋸歯を持つ

身近で観察できるもので三出複葉で高木になるものは、タカノツメの他にミツデカエデやメグスリノキくらい

f:id:YamaTarou:20210420120212j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120217j:plain

コバノミツバツツジ

ツツジツツジ

西日本のツツジの代表種

葉裏は網脈の網目が目立ち、全縁に見えるが葉先に微鋸歯がある

株立ち樹形(幹が3本以上)になる

f:id:YamaTarou:20210420120442j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120450j:plain

ウリハダカエデ

ムクロジ科カエデ属

葉は対生で、五角形状の広い葉

若木の樹皮がウリに似ている(1,2枚目)

成木では灰白色になり縦に浅く裂ける(3,4枚目)

葉がよく似るホソエカエデと違う点として、葉裏の脈腋に褐色の毛があることがある

葉は薄黄色で総状にぶら下がる

f:id:YamaTarou:20210420120221j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120228j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120430j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120436j:plain

ソヨゴ

モチノキ科モチノキ属

葉は互生で、中央の主脈がよく目立ち、葉縁が波打つ

樹皮は灰白色平滑で、皮目が縦につながる

f:id:YamaTarou:20210420120238j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120244j:plain

コバノガマズミ

ガマズミ科ガマズミ属

葉は対生で、鋸歯があり、葉面に毛が多く光沢はない

両面に毛が多く、ふわっとした触覚

f:id:YamaTarou:20210420120251j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120305j:plain

ツブラジイ

ブナ科シイ属

葉は互生し、樹皮は平滑で裂けない

スダジイと似るが、スダジイは樹皮が裂け、枝が少し太く、実が円形ではなく楕円形で、葉裏が光沢のある褐色になるという違いがある

f:id:YamaTarou:20210420120311j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120318j:plain

イヌツゲ

モチノキ科モチノキ属

葉は互生し、小さな楕円形で低い鋸歯がある

葉先が丸い葉が多い

f:id:YamaTarou:20210420120322j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120327j:plain

ナワシログミ

グミ科グミ属

葉は互生し、鋸歯があるように見えるが全縁

葉縁が強く波打ち、葉裏は白っぽく光沢がない

ウラジロガシに似ているが、鋸歯の有無で見分けられる

f:id:YamaTarou:20210420120332j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120337j:plain

ウラジロガシ

ブナ科コナラ属

葉は互生し、鋸歯はシラカシより鋭く、葉縁や葉面がよく波打つ

葉裏は粉白色

f:id:YamaTarou:20210420120716j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120723j:plain

コナラ

ブナ科コナラ属

先寄りで幅が最大になる長いひし形状で鋸歯が粗い

ミズナラと比べて葉柄が長い

樹皮は縦に裂ける

f:id:YamaTarou:20210420120342j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120348j:plain

ヤマザクラ

バラ科サクラ属

葉は互生し、葉先は尾状に長く伸びる

樹皮は横筋が目立つ

f:id:YamaTarou:20210420120355j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120400j:plain

クロモジ

クスノキ科クロモジ属

葉は互生し、楕円形で枝先に集まってつく

枝は緑色で黒い汚れのような模様が入る

枝と葉は折るとさわやかな芳香がある

f:id:YamaTarou:20210420120406j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120411j:plain

モチツツジ

ツツジツツジ

葉は互生し、両面に毛があり触るとふさふさして粘る

f:id:YamaTarou:20210420120417j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120424j:plain

アカガシ

ブナ科コナラ属

葉は互生し、全縁で葉柄が3㎝程あり長い

枝先に集まってつく

f:id:YamaTarou:20210420120456j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120503j:plain

ヤマブキ

バラ科ヤマブキ属

葉は互生し、葉先が長く伸び、鋭い重鋸歯をもつ

ムクノキと葉が似るが、ムクノキの鋸歯は単鋸歯で角ばった山型である

花が八重咲する品種はヤエヤマブキ

f:id:YamaTarou:20210420120511j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120518j:plain

ユズリハ

ユズリハユズリハ

葉は互生し、大きな葉がやや垂れてつく

葉柄は普通赤く色づく

ヒメユズリハと比べて、葉裏の葉脈の網目が大きく、葉柄も太い

f:id:YamaTarou:20210420120524j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120533j:plain

コツクバネウツギ

スイカズラ科ツクバネウツギ属

葉は対生し、鋸歯は低いか全縁

f:id:YamaTarou:20210420120539j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120545j:plain

シロダモ

クスノキ科シロダモ属

葉は互生し、大型で枝先に集まってつく

葉柄が長く、金色の毛が多少ある

基部の側脈が長く伸びて目立つ

f:id:YamaTarou:20210420120605j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120611j:plain

ウスノキ

ツツジ科スノキ属

葉は互生し、変異するものが多い

f:id:YamaTarou:20210420120552j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120558j:plain

テンナンショウ属

f:id:YamaTarou:20210420120618j:plain

カルミア

ツツジツツジ

葉は互生し、アセビによく似た樹形で枝先に葉が垂れ気味に集まってつく

f:id:YamaTarou:20210420120626j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120634j:plain

ヒメヤシャブシ

カバノキ科ハンノキ属

側脈は17~28対と多い

クマシデに似るが、クマシデに比べて厚感がある

果穂が大量につき、穂状で垂れる雄花が特徴的

f:id:YamaTarou:20210420120641j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120648j:plain

ミツバアケビ

アケビアケビ

ツル性木本で小葉は三枚で波状の鋸歯がある

実は食用になる

f:id:YamaTarou:20210420120653j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120659j:plain

イカツツジ

ツツジツツジ

葉は互生で、楕円形

葉柄が長く、長い腺毛が多い

f:id:YamaTarou:20210420120705j:plain
f:id:YamaTarou:20210420120710j:plain

コシアブラ

ウコギ科コシアブラ

葉は互生し、大型の掌状複葉

小葉柄があり、樹皮が白色の平滑である点でトチノキと区別できる

f:id:YamaTarou:20210426093456j:plain
f:id:YamaTarou:20210426093503j:plain

トウカエデ

ムクロジ科カエデ属

葉は対生し、きれいに3裂する

徒長枝(幹や太い枝から上方に向かって伸びる枝)の葉は大きく、切れ込みが深く、鋸歯が出やすい

樹皮は粗く縦に裂けて剥がれる

f:id:YamaTarou:20210426093507j:plain
f:id:YamaTarou:20210426093511j:plain

ニシキギ

ニシキギニシキギ

葉は対生し、ひし形状

枝は4稜(断面が四角になる)があり、時にコルク質の翼がでる

自生種の翼は小さい

f:id:YamaTarou:20210426093518j:plain
f:id:YamaTarou:20210426093523j:plain

感想

縦走の感想としては、最初如意ヶ岳に行くまではめちゃくちゃ楽しかったが、ショートカットとして比叡平と山中町を通る道(一般的な登山道ではなく、道なき道)がめちゃくちゃしんどかった。

比叡山は山頂に着いたときは最高だったが、総じて早く帰りたかった笑

わからない植物が多すぎてもやもやしながら歩いていた。

下賀茂神社の植生 Part3(2021年4月17日,18日)

調査地

賀茂神社の参道の両脇の植生

f:id:YamaTarou:20210417201439j:plain
f:id:YamaTarou:20210417201443j:plain

 地図                   現地写真

                      (ストリートビュー

植生

ウバメガシ

ブナ科コナラ属

葉は互生し、枝先に集まってつく

樹皮は縦に裂ける

f:id:YamaTarou:20210417201647j:plain
f:id:YamaTarou:20210417201652j:plain
f:id:YamaTarou:20210417201704j:plain

ヒサカキ

サカキ科ヒサカキ

葉は互生し、葉裏は葉脈が目立つ

枝先には人の爪のような冬芽がつく

f:id:YamaTarou:20210417201734j:plain
f:id:YamaTarou:20210417201743j:plain

マサキ

ニシキギニシキギ

葉は対生で枝先にやや集まってつく

枝が緑なことが特徴

葉裏で葉脈が緑色の筋として見える

f:id:YamaTarou:20210417201750j:plain
f:id:YamaTarou:20210417201756j:plain

シラカシ

ブナ科コナラ属

葉は互生し、ウラジロガシと並んで細い

ウラジロガシと比べて鋸歯が低く鈍く、葉面が波打たないなどの特徴がある

f:id:YamaTarou:20210418162809j:plain
f:id:YamaTarou:20210418162814j:plain
f:id:YamaTarou:20210418162819j:plain

スダジイ

ブナ科シイ属

葉は互生し、葉裏が金色を帯びる

葉先半分に鈍い鋸歯がある

ツブラジイと比べて葉身が大きく丸みを帯びる

f:id:YamaTarou:20210417201930j:plain
f:id:YamaTarou:20210417201936j:plain

カツラ

カツラ科カツラ属

特徴的な葉であるので見分けが簡単

f:id:YamaTarou:20210417201943j:plain
f:id:YamaTarou:20210417201949j:plain

イチイガシ

ブナ科コナラ属

葉は互生で先半分に鋸歯がある

葉裏の色は白っぽくなる

葉柄に毛が密生し、淡い褐色に見える

f:id:YamaTarou:20210418162731j:plain
f:id:YamaTarou:20210418162735j:plain

ヤブツバキ

ツバキ科ツバキ属

葉は互生し、やや広い楕円形で細かい鋸歯が多数並ぶ

白く滑らかな樹皮

f:id:YamaTarou:20210418162738j:plain
f:id:YamaTarou:20210418162743j:plain

ヒイラギ

モクセイ科モクセイ属

モクセイヒイラギと比べて鋸歯が少なく鋭く、葉身が小さい

老木ほど全縁のものが多くなる

f:id:YamaTarou:20210418162758j:plain
f:id:YamaTarou:20210418162804j:plain

カクレミノ

ウコギ科カクレミノ属

きれいに三中裂する葉がカクレミノの特徴であるが、変異も多い

成木や枝先の葉は不分裂葉が多い

樹皮は白っぽっく平滑

f:id:YamaTarou:20210418162824j:plain
f:id:YamaTarou:20210418162831j:plain

エノキ

アサ科エノキ属

葉は互生で、先半分に鋸歯がある

基部から伸びる三行脈が目立つ

f:id:YamaTarou:20210418162836j:plain
f:id:YamaTarou:20210418162841j:plain

ウメ

バラ科サクラ属(スモモ属)

葉柄が赤くなることが多い

f:id:YamaTarou:20210418162847j:plain
f:id:YamaTarou:20210418162854j:plain

カナメモチ

バラ科カナメモチ属

葉は互生で小さいが鋭く硬い鋸歯が全体にあり、葉柄に鋸歯があるものも多い

若葉は赤みを帯びる

f:id:YamaTarou:20210418162900j:plain
f:id:YamaTarou:20210418162905j:plain

マテバシイ

ブナ科マテバシイ

葉は互生し、全縁

葉裏は褐色を帯びていて光沢がある

枝は緑色で五陵がある

f:id:YamaTarou:20210418162910j:plain
f:id:YamaTarou:20210418162915j:plain

タラヨウ

モチノキ科モチノキ属

葉は互生で楕円形、硬い鋭い鋸歯がある

主脈が凹んで裏面で浮き上がっている

3枚目の写真からもわかるように葉裏を傷つけると茶色い文字が浮かんでくるので別名ハガキノキとなっている(3枚目は落ち葉)

f:id:YamaTarou:20210418162926j:plain
f:id:YamaTarou:20210418162931j:plain
f:id:YamaTarou:20210418162935j:plain

 感想

上で挙げた植物以外にも、ケヤキ、アオキ、アラカシなどがあった。

ウバメガシやマテバシイを何枚も撮ってしまい、まだ目が悪いことを実感。

吉田山の植生 Part1 (2021年4月12日)

調査地

今出川通り付近から吉田山に登ったところ(水色線内)

f:id:YamaTarou:20210413135443j:plain
f:id:YamaTarou:20210412174049j:plain

植生

カナメモチ

バラ科カナメモチ属

葉は互生し、棘状の鋭い鋸歯が特徴

若葉が赤みを帯びるのも特徴

オオカナメモチと違うこととして、葉が(オオカナメモチと比べて)小さいとや葉の先端が長くなること、葉柄に鋸歯があることが挙げられる

f:id:YamaTarou:20210413131318j:plain
f:id:YamaTarou:20210413131324j:plain

サカキ

サカキ科サカキ属

葉は互生

裏は則脈がほとんど見えない

枝先に爪のような冬芽があるのが特徴

シキミなとともに常盤木の代表的な樹種

ネズミモチの葉とよく似るが、ネズミモチは対生

f:id:YamaTarou:20210413115538j:plain
f:id:YamaTarou:20210413115546j:plain

ヒサカキ

サカキ科ヒサカキ

葉は互生する

サカキと違い鈍い鋸歯を持ち、葉先はわずかに凹む

また、サカキと違い葉の裏面は葉脈の網目が目立つ

そしてサカキと似た冬芽を枝先につける

f:id:YamaTarou:20210413125956j:plain
f:id:YamaTarou:20210413130002j:plain

トベラ

トベラトベラ

葉は互生し、枝先に集まってつく

日向の葉ほど二枚目の小さい葉のように縁が裏にまくことが特徴

f:id:YamaTarou:20210413120344j:plain
f:id:YamaTarou:20210413120426j:plain
f:id:YamaTarou:20210413120440j:plain

ソヨゴ(?)

モチノキ科モチノキ属

葉は互生で、よく波打つ

樹皮は灰白色で、皮目が縦につながる

f:id:YamaTarou:20210413121712j:plain
f:id:YamaTarou:20210413121726j:plain

ガマズミ

ガマズミ科ガマズミ属

葉は対生し、波状の鈍い鋸歯がある

葉柄は粗い短毛が密生している

f:id:YamaTarou:20210413122414j:plain
f:id:YamaTarou:20210413122517j:plain

コバノガマズミ

ガマズミ科ガマズミ属

葉は対生し、全体に星状毛があるのでふわっとした感触

ガマズミと比べて葉柄、葉が一回り小さい

f:id:YamaTarou:20210413122430j:plain
f:id:YamaTarou:20210413122906j:plain

クスノキ

クスノキ科クスノキ

葉は互生し、縁がよく波打ち、三行脈が目立つ

葉脈の分岐点にはダニ室がある

f:id:YamaTarou:20210413123316j:plain
f:id:YamaTarou:20210413123323j:plain

ハナゾノツクバネウツギ

スイカズラ科ツクバネウツギ属

葉は対生し、やや厚く、光沢が強い

f:id:YamaTarou:20210413124148j:plain
f:id:YamaTarou:20210413124153j:plain

リョウブ

リョウブ科リョウブ属

葉は互生し、枝先に集まってつく

樹皮は鱗状にはがれ、花は白色く総状花序につくと

 

f:id:YamaTarou:20210413125416j:plain
f:id:YamaTarou:20210413125421j:plain

落ち葉

f:id:YamaTarou:20210413132343j:plain
f:id:YamaTarou:20210413132350j:plain
f:id:YamaTarou:20210413132358j:plain
 クスノキ        ナナミノキ(?)         ケヤキ   

感想

名前を挙げた植物以外にも、モチツツジ、アラカシ、シラカシヤブツバキ、アオキ、ネズミモチソメイヨシノ、イロハモミジ、アカマツ、シュロ、ササなどが生育していた。葉のサイズが結構バラバラでリョウブとトベラを何枚もとってしまったが、特徴的な葉の付き方をしているので次からはしっかり見分けられると思う。クスノキは大学のシンボルツリーであるにもかかわらず、いまだにしっかり見分けられない。

下賀茂神社の植生 Part2(2021年4月10日)

調査地

 Part1で調査した河合神社西部から少し北上した場所。

f:id:YamaTarou:20210410124952j:plain
f:id:YamaTarou:20210410124752j:plain
航空写真               現地の写真

植生

ヤツデ

ウコギ科ヤツデ属

葉は互生で、枝先に集まってつく

葉が深くいくつにも裂けるので見分けは容易

年末にかけて白い花を複数つける

f:id:YamaTarou:20210410125236j:plain
f:id:YamaTarou:20210410125240j:plain

アラカシ

ブナ科コナラ属

互生

葉の上半分にのみ大きく粗い鋭い鋸歯を持つ

f:id:YamaTarou:20210410125922j:plain
f:id:YamaTarou:20210410125937j:plain

シラカシ

ブナ科コナラ属

葉は互生

アラカシと比べて細長く、鋸歯もまばらで鋭さも少ない

f:id:YamaTarou:20210410131023j:plain
f:id:YamaTarou:20210410131012j:plain

ヒイラギモクセイ

モチノキ科モチノキ属

葉は対生し、6~10対の棘状の鋸歯を持つ

ヒイラギと比べて鋸歯の数が多いこと、葉が大きいなどの違いがある

ヒイラギとギンモクセイの雑種

f:id:YamaTarou:20210410131721j:plain
f:id:YamaTarou:20210410131737j:plain

テイカカズラ(?)

キョウチクトウ科テイカカズラ

葉が対生するつる性の常緑樹

写真にもあるように実生は葉脈に沿って白くなる

f:id:YamaTarou:20210411232405j:plain
f:id:YamaTarou:20210411232345j:plain

トベラ

トベラトベラ

葉は互生して、枝先に集まってつく

シャリンバイとよく似るが、トベラは全縁である

f:id:YamaTarou:20210411215807j:plain
f:id:YamaTarou:20210411212738j:plain

ヤエヤマブキ

バラ科ヤマブキ属

葉は二列に互生する

大きい鋸歯の方にさらに鋸歯が入る重鋸歯を持ち、葉の先端は尾状に伸びる

ヤマブキは5枚の花弁からなるが、ヤエヤマブキは写真のように八重咲している

f:id:YamaTarou:20210411213101j:plain
f:id:YamaTarou:20210411213418j:plain

ヤブツバキ

ツバキ科ツバキ属

葉は互生

葉身の全体に細かい鋸歯がある

f:id:YamaTarou:20210411214242j:plain
f:id:YamaTarou:20210411214416j:plain

タイリクオドリコソウ 

シソ科オドリコソウ属

葉は対生し、卵状三角形から広卵形

f:id:YamaTarou:20210411214823j:plain
f:id:YamaTarou:20210411214832j:plain

マサキ

ニシキギニシキギ

葉は対生し、稀に互生

葉の先端が鋭くとがり、基部を除くすべての場所に細かい鋸歯がある

f:id:YamaTarou:20210410131721j:plain
f:id:YamaTarou:20210411230950j:plain

ギンモクセイ

モクセイ科モクセイ属

葉は対生、鋸歯なし

葉身は波打ち、先端は鋭くとがる

葉の裏は黄緑色

f:id:YamaTarou:20210411222020j:plain
f:id:YamaTarou:20210411222026j:plain

 

感想

見分けをつけることが難しく、マサキの葉を何枚もとってしまった。手元に何枚もある状態で比較したら同じなのが分かるが、別々に生えていたらわからない…

他にも笹が繁茂しているところがあったり、イチョウの実生があったりした。

f:id:YamaTarou:20210411232854j:plain
f:id:YamaTarou:20210411232859j:plain