植物をメインに扱っています!

H30 ビオトープ管理士過去問 要点

問6 土壌の構造

A0層:落葉などの有機物のみでできている

A層:腐植化が進んだ有機物と無機物が混ざり合っている

B層:A層とC層の中間的性質を示し、下層土といわれる A層と比べて明るい

C層:風化した岩石の破片からなり、A層やB層の母材の部分でほとんど風化していない

R層:風化作用を受けていない基盤岩石の層

 

問8 擬態

隠蔽型擬態:周りの風景に身をまぎれさせて捕食者から見つかりにくくする擬態

制服型(ミュラー型)擬態:危険な生物があえて目立つ色彩を持って周囲に危険を知らせる擬態

攻撃型(ペッカム型)擬態:獲物の群れに溶け込んで待ち伏せしたり接近することで襲う

偽物型(ベイツ型)擬態:本当は危険を持たない生物が危険を持つ生物に似せた色彩等を持つことで身を守る擬態

 

問9 砂浜の生態系

自然の砂浜では海側から陸側に向かって様々な分け方があるが打ち上げ帯、草本帯、矮低木帯、海岸林というように植生のグラデーションが見られる。

海浜植物の特徴として植物体内からの水分の蒸散を防ぐために葉の表面にクチクラ層を発達させていたものが多い。

問15 

踏み石ビオトープ:分断され局所的な種の絶滅を引き起こす恐れのある森などをつなぎ野生生物の移動を補助する働き

エコトーン:二つの異なる環境タイプが接する境界線で植生や生物群集が徐々に入れ替わっていく部分

 

cf.水辺のエコトーンには以下のような様々な植生が見られる

(近年の護岸工事やダム建設に伴う水位の安定化によりエコトーンは消失している)

(ホテイアオイオオカナダモといった外来種の増加もエコトーンを消失させる一因)

  • 河畔林 大雨の際にしか水につからない場所に生える樹木
  • 抽水植物 根を水底に張り、茎を水上に伸ばす植物
  • 浮葉植物 根を水底に張り、茎は水中、葉を水面に浮かべる植物
  • 沈水植物 根を水底に張り、茎も花も葉もすべて水の中で生育する植物
  • 浮漂植物 根が水底に張っていないため水面に浮いて漂う移動可能な植物
  • 渓畔林 河川の上流域の谷底や斜面に生育する樹木

 

森林の段階構造とマント群落、ソデ群落

森林と草原のエッジには特有の構造が発達する。(内→外)

マント群落:くず、アケビなどのつる植物やノイバラ、タラノキなどの有刺植物が繁茂し、森林内部に風や外敵が入り込まないようにしている。ギャップ形成時には温度湿度を一定に保つ働きもしている。

ソデ群落:イノコズチ、ヤエムグラ、アカネなどの草本が中心となっており林内からの養分供給のために養分的には良好な場所である。

 

問16 環境省レッドリスト

絶滅(EX):わが国ではすでに絶滅したと考えられている種

野生絶滅(EW):飼育・栽培か、あるいは自然分布域の明らかに外側で野生化した状態でのみ存続している種

絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN):絶滅の危機に瀕している種

絶滅危惧ⅠA類(CR):ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの

絶滅危惧ⅠB類(EN):ⅠA類よりは程度が軽いもの

絶滅危惧Ⅱ類(VU):絶滅の危機が増大している種

準絶滅危惧(NT):現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては絶滅危惧に移行する可能性のある種

軽度懸念(LC):評価を行ったが上記に該当しない種

情報不足(DD):評価するだけの情報が不足している

 

EW:extinction in the wild CR:critically endangered EN:endangered VU:vulnerable

NT:near threatened LC:least concern DD:data deficient

 

問18 蝶

ギフチョウカンアオイ

コムラサキ:ヤナギ類

オオムラサキ:エノキ

ナミアゲハ:サンショウ

キタテハ:カナムグラ

ヤマシジミカタバミ

問20 3R

リユース:使用済み製品やその部品をそのままの形で繰り返し利用すること

リデュース:製品を作るときの材量を減らすこと

リサイクル:廃棄物等を資源に戻してエネルギーなどに利用すること

 

問22

自然公園法では生物多様性の確保を目的の一つに掲げ、優れた自然の風景地を保護するとともに、利用の増進を図ることとしている。自然公園の利用者が増加することは、人々の自然志向の高まりを反映するもので好ましいことであるが、その一方で従来ほとんど人が立ち入らなかった地域を利用者が訪れるようになり、生物多様性保全に支障が生じることは好ましくない。そこで自然公園法では適正な利用を図るため、立ち入り人数を制限することのできる利用調整地区の制度を設けている。

 

都市公園法:緑の基本計画に都市公園の整備の方針を定めた場合には緑の基本計画に即して都市公園を設置する

種の保存法:保存すべき種を国内希少野生動物種、国際希少野生動物種、緊急指定種、特定国内希少野生動物種に分ける。国内希少野生動物種のハビタットで重要な場所は生息地等保護区に指定される。生息地等保護区は管理地区と監視地区にわけられる。

特定国内希少野生動物種:商業的に個体の繁殖ができるかつ国際的に協力する必要がない国内希少野生動物種。譲渡引き渡しには環境大臣農林水産大臣の許可が必要

管理地区:工作物の建築、土石に採取、木材の伐採等を行う際は環境大臣な許可が必要               

 

問23

鳥獣保護区環境大臣あるいは都道府県知事が指定する。

環境大臣が指定したものは国指定鳥獣保護区都道府県知事が指定したものは都道府県指定鳥獣保護区(上の写真二枚はこれにあたる)と呼ばれる。

鳥獣保護区では狩猟が禁止されている。特に鳥獣や生息地を保護する必要な地域を特別保護地区といい工作物の新築、埋め立て、伐採には許可がいる。

 

問24

単に「天然記念物」と言う場合、文化財保護法に基づき国(文部科学大臣)が指定したものの他、都道府県や市町村などが条例に基づき指定したものもある。

 

問25 自然再生推進法

1.×本法の「自然再生事業」とは、開発事業等に伴い損なわれる自然環境と同種のものを事業区域内で創出することなどにより、損なわれる自然環境の価値を正味ゼロ(ノーネットロス)とすること、または損なわれる以上の価値を生み出す(ネットゲイン)ことを目的として行われる事業をいう。

2.〇政府は、自然再生の推進に関する基本的方向等について定めた「自然再生基本方針」を定める。

3.〇自然再生事業の実施者は、まず、地域住民、NPO、自然環境に関する専門家、土地の所有者その他の自然再生事業やこれに関連する活動に参加しようとする者、関係行政機関等とともに、「自然再生協議会」を組織することとされている。

4.〇自然再生協議会は、自然再生基本方針に即して「自然再生全体構想」を作成するとともに、「自然再生事業実施計画」の案の協議を行う。

5.〇「自然再生専門家会議」は自然環境に関する専門家からなる組織である。自然再生事業実施計画や自然再生全体構想の写しの送付を受けたとき、環境省農水省国交省からなる自然再生推進会議は自然再生専門家会議の意見を聴くこととされている。

 

問28

民有林において立木を伐採する際、その所有者であれば自由に伐採ができるわけではなく、森林法に基づき、行政の許可を得たり、届出をしたりする必要がある。(森林として利用することが相当でないと認められている民有林を除く。)森林法では立木の伐採に当たって、一般に、市町村長へ事前に届出を行うことが義務付けられている。特に保安林に指定されている立木の伐採を行う場合や、また保安林以外の森林であっても1haをこえる開発行為を行う場合は、都道府県知事の許可を受けることを義務付けている。

 

 

問32

ライトトラップ法:夜間、明かりに集まる昆虫を採取する

ベイトトラップ法:餌を用いて捕獲する

ラインセンサス法:一定の速さで歩きながら出現する鳥類を記録する

スポットセンサス法:環境区分ごとに決まった地点を設置し各地点で10分ほど観察する

フィールドサイン法:哺乳類の足跡やフンを使って調査する

他の哺乳類はネズミ類がシャーマン型トラップ、モグラ類がモールトラップを用いる

 

 

問36

平成2年に「『多自然型川づくり』の推進について」が建設省(現:国土交通省)より通達され、河川が本来有している生物の良好な生息・生育環境に配慮し、あわせて美しい自然景観を保全あるいは創出する「多自然型川づくり」が始まった。平成9年には河川法が改正され、河川砂防技術基準(案)において「河道は多自然型川づくりを基本として計画する」ことが位置づけられ、多自然型川づくりはすべての川づくりにおいて実施されるようになった。その後、場所ごとの自然環境の特性への考慮を欠いた改修や他の施工区間の工法をまねただけの画一的で安易な川づくりがなお多々見られたこと、また、河川全体を通じて自然環境をどのように保全・再生していくかのビジョンが欠けていたことなどから、平成18 年に「多自然川づくり基本指針」が策定・周知された。

 

問38 緑の基本計画

1.×都市における緑地の保全や緑化の推進に向けて、都道府県が定めることのできる計画である。市町村が都市緑地法に基づいて作成する

2.〇策定にあたっては住民の意見を反映させるように努めるべきである旨が、法律で定められている。

3.〇計画の対象となる「緑地」には樹林地や草地のほか、池沼などの水辺地も含まれる。

4.〇公園などの公共施設に限らず、工場の緑化などについても計画の対象とすることができる。

5.〇緑地の保全や緑化の推進を総合的に計画できる点で、都市におけるエコロジカルネットワークの形成を図るうえで効果的な計画であることが、国の資料において記されている。

 

問39

スダジイ:ブナ科の常緑広葉樹

オオカメノキ:アジサイみたい

ヤブコウジ:赤い実をつける常緑小低木

ヒサカキ:常緑小高木 よく見るやつ

 

問45 外来種の駆除方法

ハリエンジュ:切り株からの萌芽を防ぐために重機で抜根を行う。

セイタカアワダチソウ:夏以降になると地下茎に急速にバイオマスを蓄積し始めるので刈り取りは夏の早い時期に行い、刈り取りの他に地下茎ごと抜き取る方法がある。

オオブタクサ:芽生えが大きく見分けがつくので芽生えの段階で選択的に抜き取りを行う

 

問48

コゲラ:日本にいる小さなキツツキ

アカゲラ:赤色の模様をした中柄のキツツキ

ヤマガラシジュウカラの仲間 オレンジの体に黒い頭

カワラヒワ:スズメの仲間 黄色いからだ

H29 ビオトープ管理士過去問 要点

問21

環境省は、平成28 年9 月にヤンバルクイナなどの固有動植物が生息・生育する沖縄島北部を「やんばる国立公園」に、平成29 年3月にはアマミノクロウサギなどの固有動植物が生息・生育する鹿児島県の奄美群島を「奄美群島国立公園」に指定した。これらの地域の一部に加え、同じく国立公園に指定されている西表島を合わせた「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」については、平成30 年夏の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の委員会での世界自然遺産への登録が目指されている。

 

原生自然環境保全地域:遠音別岳、十勝川源流部、大井川源流部、南硫黄島屋久

 

問22

鳥獣保護管理法では、鳥類や哺乳類の捕獲について、一般に禁止する規定を設けているが、学術研究等の目的で必要な場合には、環境大臣または都道府県知事の許可を受けたうえで行えるとしている。また、捕獲がその生息状況に著しい影響を及ぼさないことを条件として、現在48 種類が定められているについて狩猟鳥獣は、冬場を中心に一定の期間内に限り、環境大臣または都道府県知事の許可を受けずに捕獲することができる規定が置かれている。但し、この場合も鳥獣保護区の区域内において捕獲を行う場合は、その全地域について、環境大臣または都道府県知事の許可が必要となる。

 

都道府県知事が鳥獣保護管理事業計画を定め、生息数が減少している鳥類を第一種特定鳥獣保護計画、生息数が増加している鳥類を第二種特定鳥獣管理計画とする。

環境大臣は希少鳥獣保護計画、特定希少鳥獣保護計画を定める。

 

問23

種の保存法により、絶滅のおそれのある種のうち、人為の影響により生息・生育状況に支障をきたしているものの中から、国内希少野生動物種が指定され、捕獲や採取等の規制などの措置が講じられている。平成29 年(2017年)1 月現在、208 種が指定されている。

国内希少野生動物種のうち、捕獲や採取等の規制を行うだけでは個体群の存続が困難であり、その生息・生育環境を保全する必要がある場合は、生息地等保護区を指定することになっている。生息地等保護区は管理地区と監視地区に分けられ、開発行為などに対する規制の内容について区別がつけられている。

 

特定国内希少野生動物種

国内希少野生動物種の内商業的な個体の繁殖が可能かつ国際的に協力して保護すべきでない種。譲渡引き渡しには環境大臣農林水産大臣への届け出が必要。

野生動植物保護地区:自然環境保全地域において自然環境保全法に基づき特定の野生動物の保護のために環境大臣が指定した区域

 

問24 外来生物について

1.〇ヒアリ特定外来生物に指定されている。

2.〇特定外来生物に指定されたものは、輸入することが原則禁止される。

3.〇特定外来生物に指定されたものは、飼育、栽培することが原則禁止される。

4.×野外で捕まえた特定外来生物を自宅に持ち帰ることは、禁止されない。

5.〇法律上の許可を受けて飼養等をする者が、飼養等をする許可を持っていない者に対して譲渡し、引渡しなどをすることは禁止される。

 

問25

文化財保護法に基づき、学術上の価値の高さという観点から、動物、植物及び地質鉱物のうち重要なものは天然記念物に指定される。伊万里湾カブトガニ繁殖地(佐賀県伊万里市)、オオヨドカワゴロモ自生地(宮崎県小林市)、六合チャツボミゴケ生物群集の鉄鉱生成地(群馬県中之条町)などがある。指定されたものについては、現状を変更し、あるいはその保存に影響を及ぼす行為をしようとする場合、文化庁長官の許可を要する。

 

問26 海に関する法律や戦略について

ける採捕を原則として禁止している。

 

水産資源保護法はほかにも輸入防疫対象疾病を指定してコイなどを輸入する際は農水大臣の許可が必要である。

 

2.×水産動物の産卵や稚魚の生育に適しているとして、環境大臣が「公有水面埋立法に基づき指定する「保護水面」では、埋立てや浚渫などの工事を行うことが制限されている。

 

保護水面は水産資源保護法に基づいて農水大臣または都道府県知事が指定するもの。

公有水面埋立法:埋め立てを行う際は都道府県知事の免許を受ける必要がある。

 

3.〇砂浜にウミガメの産卵場や貴重な海浜植物の生育の場がある場合、海岸管理者(都道府県知事)は「海岸法」に基づき、海岸保全区域を指定して自動車の乗り入れを禁止することができる。

4.〇「港湾法」に基づいて定める重要港湾の港湾計画(国交大臣に提出)において、港湾管理者は、必要に応じて自然的環境を整備・保全する区域を定めるものとされている。

5.〇平成23 年(2011 年)に環境省が策定した海洋生物多様性保全戦略では、海洋の生物多様性保全のための有効な施策の一つとして、海洋保護区の設定について触れている。

問27


答え:4

計画段階環境配慮書の作成と公表→環境影響評価の実施決定→環境影響評価方法書の作成と公表→知事や一般の意見を参考に選定(スコーピング)→環境影響評価を行う→環境影響評価準備書の作成と公表→知事や一般の意見を参考に修正→環境影響評価書の作成→事業実施→環境影響評価報告書の作成

 

問28

生物多様性保全と、その構成要素の持続可能な利用や遺伝資源の利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分を実現することを目的に、1992 年に生物多様性条約が採択された。この条約は現在、世界のおよそ190か国、欧州連合(EU)等が締結している。2010 年に名古屋市で開催された第10 回締約国会議(COP10)では、2050 年までの長期目標、2020 年までの短期目標及び20 の個別目標が採択された。愛知目標は正確にはこのうちの20 の個別目標のみを指すが、しばしば全体を指すものとして使われる。

 

カルタヘナ議定書:遺伝子組み換え生物の扱いについて1999年に特別締約国会議で採択

ワシントン条約:絶滅の恐れのある野生動植物の国際取引の規制が目的で国内法は種の保存法

 

問30

水質汚濁防止法では、工場や事業場から公共用水域に排出される水について、事業者等が排水基準を遵守することを義務づけている。排水基準は、カドミウムなどの有害物質や、窒素やリンの含有量など水の汚染状態を示す項目ごとに濃度が定められている。水質汚濁防止法では濃度に関する規制のほか、汚濁物質の停滞しやすい閉鎖的な水域について、流入する汚濁負荷の総量の削減に向けた規制も実施している。現在、東京湾、伊勢湾、瀬戸内海とそれらの集水域において、総量規制が実施されている。

 

排出基準:工場の排出口における物質の濃度等に関する基準

環境基準:人の健康の保護や生活環境を保全するうえで望ましいとされる物質の濃度

湖沼水質保全特別措置法環境大臣水質汚染の著しい湖沼を指定湖沼に指定し、それに関係する地域を指定地域に定める。都道府県は住民の意見を取り入れながら湖沼水質保全計画を定める。排水基準等では改善が困難な湖沼を総量削減指定湖沼に指定する。また、植生が水質の改善に役立つとの考えから都道府県知事は湖辺環境保護地区を指定できる。

 

問45

外来生物の駆除方法

1.「オオブタクサ」の芽生えは大きく、他の植物の芽生えと見分けることが容易なので、芽生えの段階で選択的抜き取りを行う。その段階で抜き残したものについては、花期から種子散布前の時期までに選択的な刈り取り等を行う。

2.「セイタカアワダチソウ」は、夏以降になると地下茎に急速にバイオマスを蓄積し始めるため、刈り取りを行う場合は、それよりも前の時期に開始すると効果的である。

3.「ハリエンジュ(ニセアカシア)」は、伐採しただけでは切り株から萌芽するため、重機等を用いて抜根まで行う。とげがあるので素手で作業をしないようにする。

4.「ブルーギル」は、個体数を推定したうえで、特に多くの個体が生息していると認められる場所において、電気ショッカーボートを使い、気絶して浮いたものを一度に捕獲する。

5.「オオクチバス」は、透明度が高い湖沼では、自然産卵床を目視で発見し破壊する。透明度が低い湖沼においては、オオクチバスがよく産卵する場所・時期に人工の産卵床を設置し、産卵が行われてから孵化するまでの間に引き上げて、卵を駆除する。

伊吹山に生えている花

 

こんにちは、Yama Tarouです。

先日緊急事態宣言が解除されたので近場の百名山伊吹山に登ってきてたくさんの花の写真を撮ったので紹介していこうと思います! (撮影機器はXperiaです)

その前に軽く伊吹山についての説明。

伊吹山日本武尊が敗れた伊吹大明神を祭る山で古くから修行の山として信仰されています。三合目あたりから花が見え始め鹿の防護ネットが張られています。山頂付近も鹿の防護ネットが張られていてネットの内と外では植生がかなり違うことが一目でわかり鹿の被害の大きさを実感しました…

続きを読む

豪雪がもたらす山岳生態系~中部山岳国立公園~

初めまして、ヤマタロウです。私のブログでは日本にある(世界に飛び出すかも⁈)自然公園の生物多様性(植物が中心)について扱っていこうと思います。

そんな記念すべき第一回目の舞台は中部山岳国立公園です!

私がここを第一回目に選んだ理由としては、趣味の登山⛰とスキー⛷で頻繁に訪れていて最も親しみのある自然公園だったからです。なお、中部山岳国立公園には山や高原、河川、湖沼など多くの地形がありそれぞれに特有の生態系が存在しますが、今回は特に山の生態系に絞って書いていきます!

続きを読む